自分発見の心身医学


不安の根本治療

社会不安障害、全般性不安障害、パニック障害 軽症うつ病の根本療法

ー不安の根本療法ー
  生きている充実感が高いときには、失敗しても、すべて勉強になります。新しい発見であり、新しい人生の出発のきっかけです。

  しかし、充実感が低下しているときには、どんな小さな事でもストレスになり、悩みや苦痛になります。

  充実感の低下は、心身相関と生活習慣を悪化させ、自律神経失調症や生活習慣病をも発生させます。

  問題の解決とは、目の前の問題と悪戦苦闘して戦うのではなく、遠回りのように思えても、充実感を高めることが、根本的な解決方法なのです。

  では、この充実感が低下する原因は、何でしょうか。それは、現代の私たちが陥っている「5つの間違い」です。少し難しいことのように思われるかもしれませんが、理解さえ出来れば、そんなに複雑なことではありません。

  個々の悩みやストレスを、そのたびに解決しようとして、悪戦苦闘を繰り返していれば、人生が終わります。根本的に学び、充実感に満ちた人生へと出発しませんか。


◆現代人の「5つの間違い」

 1.自分で生きている

 2.人間は偶然によって発生した

 3.死んだら灰になっておしまい

 4.人間の価値は社会的な評価や力

 5.他人の山を登るのが生きる道


  これらは、私達の常識ではありますが、医学的には、なんの根拠も証明もありません。私たちが信じ込んでいるだけにすぎません。

  第1に、私たちは、「自分で生きている」と信じています。しかし、それは完全な誤りです。人間の身体は75兆個の細胞でできています。1個の受精卵から分裂し増加したのですが、一個といえど、自分で増やした覚えはありません。心臓は1日に10万回動いていますが、一回といえど自分で動かしたことはありません。

  しかし、「自分で生きている」と信じているのですから、自分で自分の命を守らなければならないという不安と恐怖、緊張と強迫観念に常に縛られます。このことが、心身相関を悪化させ体調不良を起こします。

  第2には、「偶然によって、アミノ酸や核酸ができ、細胞になり、魚になり、動物になり、猿になり、人間になった」、そう信じています。しかし、それは証明されていません。さらに、それが偶然か必然かという問題は、科学の対象にはなりません。論理的な判断の対象ですが、論理的には、偶然ではあり得ません。

  しかし、「偶然によって発生した」と信じているのですから、自分も偶然の産物でしかありません。自分の存在価値も偶然でしかありません。それでは、自分を喜べるはずはありません。常に、自信のない自分になります。

  第3には、「死んだら灰になっておしまい」、そう信じ込んでいます。それは、「身体から私は発生した、だから身体の死は、私の死である」と信じているのですが、科学的な証明は一切ありません。科学は、長さと重さと速さがある物を対象とする学問です。測定できる身体は対象にできますが、測定できない「私」や私の精神は対象にできません。私や精神が、身体から発生したのかどうかは、実験できないので、証明ができないのです。

  しかし、「死んだらおしまい」を信じているのですから、すべては虚無です。何をしても空しいのです。死は、最大のストレスです。意識的に、現代人は、死を直視することを避けようとしていますが、それだけに、無意識の世界で広がり、はっきりとは原因がわからないうちに、生きるエネルギーが奪われていきます。人生が、灰色に染まっていきます。

 第4には、「自分の価値は、社会の評価だ」と信じています。しかし、それは誤りです。社会は、10年もすれば変わってしまいます。その時その時に変化し不安定な社会は、人間の価値を決めるものではありません。

  しかも、社会の評価が、自分の価値ですから、成功しなくてはなりません。一回の成功では駄目で、成功し続けなければなりません。日本が、発展途上国の時には、まだ可能だったかもしれませんが、現代のように、落ちていく国になれば、成功し続けることなど、もはや不可能です。

  しかし、それを信じているのですから、いつも人の眼が気になります。いつも不安定です。真面目であればあるほど、うつ病になります。

  第5には、「他人の山」を登るのは、社会適応の生き方です。貧しい時代は、ご飯が食べられるだけで喜びですから、「他人の山」を登る生き方もできました。豊かな時代になると、社会適応することは、自分を抑えることですから喜べません。社会的適応しようとする自分と、自分を生きたい自分が、常に葛藤し苦しみます。新型ストレスです。

  しかし、社会の評価が欲しいのです。「他人の山」を登らざるを得ません。


  このように、自分で自分の命を守るしかないという不安。しかも、自分は偶然の産物に過ぎなく、大して価値の無い存在。さらに、決定的なことは、死んだらおしまいという虚無。そのなかで、社会の評価ばかりを気にして、「他人の山」を登り続けている人間。それが、現代の私たちです。

 
この現代人の5つの間違いの中にあって、私たちは、自由で、爽やかに、ウキウキとして、楽しく生きることなど到底できません。孤立と孤独、不安と不満と傷つく自分になって苦しまざるをえません。それは、当然のことと言えば当然なのです。

  豊かで自由な国に住んでいるのに、あまりにも悲しいことですが、解決することも脱出することもできません。現代人は、このまま、衰退して、滅びていくことになります。

  それが、事実であるのならまだしも、事実でも真実でもないもののために、衰退していくのだとしたら、充実感を失い、人生が暗くなっていくのだとしたら、絶対に受け入れることができないほど、悔しいことではありませんか。


  では、事実とはどのようなものでしょうか。単なるお話でも、自己説得でもなく、
医学的に事実を確認することが大切です。

  顕微鏡が使えるようになったのは、やっと150年前からです。 この150年に私達が知り得た事実は、素晴らしいものです。この医学的事実に立って真実を知りましょう。

  これらによって、「7つの自由」を得ることを目指します。


1.世間体からの自由
2.人間関係からの自由
3.性格からの自由
4.過去からの自由
5.孤独からの自由
6.病気からの自由
7.老いと死からの自由


 HK教育テレビ「こころの時代」に出演 概略写真
 
教育テレビのこころの時代という番組で、「自分の山を登る〜21世紀の健康医学をめざして」という題で1時間にわたって、「生かされてる医学」についてお話しいたしました。
 
30年間、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌に数えられないほどの取材をいただきました。その中でも、死の不安の根本解決についてお話したこの番組は、私にとって、格別のものでした。全国から大変大きな反響を頂ました。


「現代人の5つの間違い」を犯している限り、爽やかにウキウキと生きることなど到底できません。目先のことをどんなに解決しようとしても、底なし沼のように、不安と不満と傷つく自分が続き、衰退していくだけです。
  私の治療法は、生かされてる医学的事実の理解、心身医学の理解、性格分析、丹田呼吸法、医学的絶食療法の5つの方法です。是非、5つの方法を学び、身につけてください。
 性格分析
   (ストレスの原因を明らかにする方法)

  心と身体の健康を壊し、不安を拡大しているのは、ストレスです。ストレスを解決するためには、まず、自分のストレスの原因を知らなければなりません。

  ストレスの原因の一つは、
人間関係です。人間関係のストレスの殆どは、性格です。自分の性格を知らない、相手も自分と同じだと思い込んでいるという点から来ます。

  もう一つは、
自分の本心を生きれていないという点から来ます。特に、自分を生きたい自分が大きく育ってきたのが、現代の特徴だと思います。自分が生きれないという苦痛が多くなっていますので、自分の本心を明確にする能力が必要です。

  これらのストレスの他に、根底には、
生命の不安という根源的な不安があります。

  さらに、F(自分を生きたい自分)と「社会適応しようとする自分」とが葛藤に陥り、充実感を喪失し、疲れを感じやすくなり、ついには無気力、無感動に陥ります。

  これらを明らかにするために性格分析を作りました。これは、交流分析を基にしていますが、現実には合わないことが多かったので中身は全部捨て、過去20年間に2万人に指導した実践の中から作り直しました。ただ、性格を5つにわけグラフに書くという方法は便利ですので、その点はそのまま使っています。 
 充実感テスト
 性格分析テスト

さらに、詳しい説明は、自分発見の心身医学をご覧
下さい。

医学的断食療法(ファースティング)
   
(充実感と生命力を高める方法)

  自分の中にある
充実感や生命力を直接高める方法が必要です。そのためには、心身相関を良くすることが必要になります。頭をカラッポにすると同時にからだを活性化させるという2条件を満たせば、心身相関は高まります。その方法が、丹田呼吸法と医学的断食療法(ファースティング)です。

  私は、兵庫県と五色町が新しい健康医学を確立するために1982年に開設した五色県民健康道場で、30年間で2万人の方々に医学的断食療法を指導してきましたが、医学的断食療法は、実に素晴らしい心身医学の方法で、自分のうちにある生命力と充実感を高めてくれます。

  医学的断食療法については、
五色県民健康村健康道場のホームページをご覧下さい。
 丹田呼吸法
   (充実感と生命力を高める方法)

  充実感と生命力を高めれば、性格の短所は長所になり、ストレスは消えていきます。
 
充実感と生命力を高める方法が丹田呼吸法です。
  座禅の呼吸法を、4つの基本的な形にまとめ、誰でもいつでもどこでもできる簡単で効果的な方法になりました。


 
非常に多くの方々が自分の内にある充実感と生命力を感じられるようになりました。詳しくは、丹田呼吸法のホームページをご覧下さい。すぐに実習できる動画もだしています。


生かされてる医学的事実の理解
   (自分の価値を実感する方法)

  自分の存在を喜べなければ、自信がなく、すべてがストレスになります。心身相関が悪化して、不安や不満、傷つく自分が拡大します。そのためには、自分の価値を何によって決めているのかを明らかにしなくてはなりません。

  自分の価値を決める最も一般的な方法は、
世間の評価です。社会の評価、人の評価です。ただ、世間の評価を得るためには成功しなければなりません。しかも、同じことをしていては評価は来ませんから、成功し続けなければなりません。

 これは、右肩上がりの発展が終わった日本社会では容易なことではありません。真面目であればあるほどうつ状態に陥るでしょう。

  自分の存在を喜ぶどころかうつ状態に陥る。これでは、自分のうちにある充実感や生命力も消失していきます。
 
  そのために、
生かされている医学的事実を理解してくださいと言っています。私たちの心臓は1日に10万回動いていますが、1回といえども自分で動かしたことはありません。太陽、水、酸素も自分で作っていません。

  生かされてるというのは、宗教の話ではなく、
単純明白な科学的、医学的事実です。この事実から、さらに、宇宙観、歴史観、死生観を学び、自分を縛り苦しめてきた自分の性格、過去、そして死の不安から自由になります。大きな生命の世界の中で、自分が、かけがえのない存在、とっても大切な存在として、生かされていることが実感されてきます。自分の存在を心の底から喜べるようになります。

  これこそが私の人生をかけたライフワークです。詳しくは、
インターネット心療内科をご覧下さい。

 
心身医学を学びましょう

 心と身体の健康医学の条件

 
 

  以上のように、私の根本療法は、30年の歳月をかけて完成したものですが、
心身症、不安症、軽症うつ病に大きな効果をあげ、多くの人々の喜びとなっています。

  生きている感動や喜びを手にし、自分を生きて社会適応もできる生き方、
本当の自分を生きて周りの人も幸せになれる心の時代生き方を、
身に付けていただければと願っております。
  医学博士笹田信五の略歴  
1948年


1974年
神戸大学医学部卒業
1979年
神戸大学医学部大学院(内科)卒業
1981年
ヨーロッパ分子生物学研究所(EMBL)に留学
1982年


新しい健康医学を創造するために、兵庫県健康福祉部に入り、五色県民健康村健康道場長となり
私の心身医学の5つの方法を完成する

1995年

NHKラジオ「こころの時代」に、「もの満ちて、こころ空し」で出演
2002年

NHK教育テレビ「こころの時代」に、「自分の山を登るー21世紀の健康医学をめざしてー」で出演
専門

心療内科
著書






「絶食療法ー淡路島健康道場の試みー」 (NHK出版)
「自分発見の処方箋」 (河出書房新社)
「健康医学ファースティング」 (人文書院)
「ファイナル・ダイエット」 (朝日ソノラマ)
「新しい心身健康医学」 (JFC)